偏差値を上げるには一冊の問題集をしつこく、ねちねちやるのが効果的

偏差値を上げるには、一冊の問題集をしつこく、ねちねち繰り返すのが効果的です。目に見えて学力の向上が感じられる事も多いかと思います。


私はこれを中学三年の高校受験の時に初めて経験しました。


一冊の問題集をしつこく、ねちねちやった事で物凄く成績が上がったのです。


一冊の問題集をしつこくやると偏差値が上がるのは、簡単に言うと、『ちゃんと身になる勉強にできる』から、です。きちんと身になるから成績や偏差値を上げる事ができます。


どうして一冊の問題集をしつこくやると成績が上がるのか?


どうして一冊の問題集をやると偏差値や成績が上がるかというと、きちんと問題集の内容を覚える事ができるからです。


問題集や参考書を何冊も使って勉強していると、めちゃくちゃ勉強している気になりますし、実際に時間をとって勉強している事と思いますが、今までやった問題を解くために必要な知識を覚えられているかというと、そうではない事が多くなってしまいます。


たくさんの問題集を頑張ってやり切ったとしても、一回、二回では結局どれも覚えられていないという事が多くなってしまうのです。


結局どれも覚えられていないのでは、“試験中に問題を解く”という観点でいくと、勉強していないのと同じ事になってしまいます。


覚えていなければ、取れる点数はめちゃくちゃ低くなってしまうからです。


何回も繰り返してやっと記憶できるので、何回も繰り返せなくてはなりません。


なので、一冊の問題集の方がきちんと覚えやすいのです。やったらやった分だけ。


スポンサーリンク


目指すのは、“問題集が横にあるかのように”試験を受ける状態


試験で合格点をとるために目指すのは、端的に言うと、問題集に書かれている事の大半を頭に入れる事で、“問題集を片手に試験を受けているかの様な状態”に持っていく事です。


その状態になるためにやるのが日々の勉強で、その状態が試験本番までに目指す所です。


なので、問題集に書かれている事を覚えられなくてはなりません。


それがやりやすいのは、「一冊の問題集」なのです。


一冊なのでめちゃくちゃ繰り返しやすく、繰り返していく内に、復習の時間も短くなり、スピードが上がって更に繰り返しやすくなるからです。


たくさんの問題集を“きちんと”覚えるまで繰り返すのはかなり大変です。


問題集に書かれている事の大半が頭に入っている状態は点数がとれない状態なのか?


考えても見て下さい。


問題集に書かれている事の大半が頭に入っている状態で成績が上がらないと思いますか?


模試や大学試験本番で点数を取るのに全く知識が足りないですか?


一冊の問題集は上記の状態に持っていき易いので、日々の勉強の成果がきちんと結果(偏差値や学力向上)として表れ、やる気も上がり更に勉強しやすくもなります。


一冊の問題集で網羅できるぐらいの試験範囲


たくさんの数の問題集をやるというのは、めちゃくちゃ厚い本を丸暗記する様な物です。


大学受験、高校受験はもっと少ない範囲の試験です。


一般的な厚さの一冊の問題集で網羅できるぐらいの試験範囲なのです。


足りないとしても、何冊も買う必要はなく、足りないと思う問題だけを+αでまた覚え始めるだけで試験範囲を網羅できます。


+α(限られた問題数)なので、めちゃくちゃ薄い問題集をやる様な物です。


全然大変ではありません。


また、偏差値が上がらないという時期に心配しなきゃいけないのは、問題数が足りなくなるんじゃないか?という事ではなく、頭に入っている問題数が全然足りないからじゃないか?という事です。


問題集は基本的にはどれでも大丈夫


問題集の選び方はもちろんありますが、大学受験のために作られた問題集ならば、基本的にはどれでも問題ありません。


何冊買っても、基本的には同じ事が書かれています。


言い回しや説明の仕方は違っても。


まとめ


偏差値を上げるために勉強するというわけではないですが、実際問題、模試で偏差値が上がるとモチベーションを維持しやすくなりますので、合格のための受験勉強をし続けやすくなります。


という事で偏差値を上げたい時には、載っている問題の大半が解ける状態に持っていきやすくなる『一冊の問題集をしつこく、ねちねち繰り返す』事が効果的です。


インターネット教材【すらら
苦手ポイントを分析→重点的に復習」の学習システムで特許
「日本e-Learning大賞 文部科学大臣賞」受賞教材
無料体験可能→すららで学習の成功体験 アニメキャラクターと対話しながら学ぶ


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加