模試の復習は大事だけどその後にも繰り返せる様にするのはもっと大事

模試を受けた後に間違えた部分を復習しておくのはその後の点数をとるためには重要なのですが、その後に自然と繰り返せるよう準備しておく事がもっと重要です。


復習を一度やっただけではあまり効果が出てこないからです。


間違えた問題を復習するのは次に同じような問題が出た時に、きちんと問題が解ける様にしておくという理由です。


次に同じような問題が出た時に解けるというのは、その問題に対する知識が長い間覚えておける知識になっている必要があります。


この「長い間忘れない知識」にするには、何回も繰り返しておく必要があるのです。
(→記憶のコツって何?大学試験本番で忘れてはいけない?


1回繰り返しただけでは、次に問題が出た時に覚えていられるかどうかというと、かなり微妙なところなのです。


覚えていなければ、一度やった事のある問題が出題されたとしても、解く事はできず点数が取れません。


ですので、模試直後の復習は重要なのですが、その模試で間違えた問題を日々の勉強で再度繰り返せるようにしておく事は長期記憶にするという意味でもっと重要なのです。


スポンサーリンク


模擬試験の後、問題集に印をつけておく


予備校の模試を受けて間違えた箇所を長期記憶にするために、その間違えた問題の解答を見ながらその問題を解くのに必要な知識の項目を確認し、自分が使用している問題集からその部分を探し出し、分かりやすいように印をつけておきます。


その様にしておくと、これから先勉強している時に「模試に出るくらい重要な問題で自分が間違えた問題」を自然と復習する事ができるからです。


この際、「何月何日の模試」等と日付を書いておくと、その問題の記憶の曖昧さ受験終盤に分かりやすくなります。


いつまで経っても頭に入っていない問題というのが出てきますので、自分が苦手な分野を確認したいからです。


ですが、面倒ならば、書かなくても問題ありません。日付を書くのが面倒に感じて模試の復習のやる気がそがれたら何の意味もないので。


また、問題集に印をつけるには解答を確認して該当箇所を探す事になるので、勝手に模試の復習にもなっています。


きれいに印をつける必要はありませんが、過去問と問題集や参考書の精査をした時の印もありますので、印は分かれば良いので、小さく書いたりしてごちゃごちゃしている様に見えない様にして下さい。


ごちゃごちゃしてると読む気がなくなる事があります。


模試で点数が取れない時期からやっておく


印付けは、模試で全然点数がとれない時期からやっておくと効果が高まります。


印をつけておけば、これからその問題集を勉強していく時に「これは模試で解けなかった問題なんだな」という事がすぐに分かりますので、日々の勉強中にその問題の重要度が感じられる様になってきます。


目的意識を持った上での勉強がしやすくなるのです。


そして、印をつけて問題集をやっていけば、「確実に一つ、過去の自分が解けなかった問題を潰している」という事を、毎日の勉強中に感じる事ができます。


そうすると合格に向けて前に進んでいると感じられますので、受験勉強自体の継続がしやすくなります。


日々の勉強が、「点数がとれる勉強になっている」「より実践的な勉強になっている」というのがより感じられるからです。


ですので、受験勉強初期などに受けた模試だとしても、間違えた問題は使用する問題集に印をつけておきます。


自分に最適な問題集ができあがっていく


そして、何回も模試を受けていれば、もちろん間違えた問題の数自体は増えていき、問題集に印がついている箇所も増えてきます。


模試を受ける度に問題集に印をつけておけば、最終的にできあがってくるのは、模試に出るぐらい重要な問題の中であなたが間違えた問題 = 過去のあなたは解けなかった問題が、ぱっと見で分かる問題集です。


その問題集を繰り返しておけば、志望校の合格点を取る上でかなり効率は良いのは当たり前です。


志望校に必要な問題集を選んだ上で更に、その問題集の中で自分が模試で間違えた問題に印がついているわけです。


印をつけていくと自分の志望校に合格するのに必要な問題の中から自分が取れなかった問題がぱっと見で分かるようになっています。


そうすると、合格に足りる問題の中から更に自分が間違えた問題をスグに見つける事ができるので、その問題を確実に一つ一つ覚えて潰していけば、より合格できる可能性が高まることになります。


その問題を覚えるというのは、実際にテストに出てできなかった問題ができる様になっていくという事だからです。


ですので、模試を受けた後には、記憶が新鮮な模試直後の復習も重要なのですが、その後に何回も繰り返せる様に問題集に印をつけておくのがかなり重要になってくるのです。


会員数25万人以上が利用するオンライン学習サービス
【スタディサプリ高校・大学受験講座】


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加