進研ゼミ高校講座は赤ペン先生で添削学習ができる通信講座

進研ゼミの高校講座では、添削課題や添削問題が用意されています。


毎月送られてくる教材の中に添削課題があり、それを提出することで赤ペン先生によるアドバイスを受けられるのが特徴です。


提出するかどうかは個人の自由ですが、進研ゼミの高校講座の赤ペン先生には次の様なメリットがあります。


  1. 自分が間違った原因がどこにあるのかしっかりと把握できる
  2. 苦手分野や科目を克服してレベルアップを図ることができる
  3. 自分で途中式や解答を書く記述式の解答に慣れる
  4. プロのコーチによる的確なアドバイスが貰える

しばらく学習をサボっていると赤ペンコーチから連絡が来ますので、毎日の生活の中に学習のタイミングを作るって意味でも便利な部分があるサービスです。


更に、単純に間違った問題を添削してくれるだけではなく、担当コーチとのチャット機能のトークボードで学習に関する様々な相談ができる様になってます。


基本的に通信教育講座は自主的な学習が求められますが、進研ゼミの高校講座はこういったサポートがあるのも選び所の1つです。


進研ゼミ高校講座は赤ペン先生で添削学習ができる通信講座で、赤ペン先生による直接的な指導で実力アップを図ることができますので、気になってるって場合には是非一度進研ゼミの高校講座を試してみてください。



赤ペン先生への提出方法や返却の日数は?


進研ゼミの高校講座の添削課題は、「教材での学習の総仕上げ」をしたり、「記述力や解答力を鍛えたりする」のに効果的です。


「添削問題は難しい」と感じている人は多いものの、解けない問題を放置してそのままにしておくのは良くありません。


せっかくこういったサービスがあるのですから、利用する方が良いかと思います。


赤ペン先生に提出すればあなたに効果的なアドバイスやサポートをしてくれますので、苦手分野の克服に繋がります。


提出方法は、カメラと郵送の2種類


進研ゼミの高校講座の赤ペン先生への提出方法は、カメラと郵送の2種類です。


自分の好きな方法で添削課題の提出が可能で、それぞれ次のように返却されるまでの日数に違いがあります。


  • カメラでの提出は約4日
  • 郵送での提出は約2週間

郵送だと自宅に送られてくるまでの期間が長くなるため、インターネットのカメラを使った提出の方が良いかと思います。


ただ、ゴールデンウィークや年末年始など、長期休みの時は、返却までの期間が長くなりやすいので注意して下さい。


進研ゼミの高校講座の赤ペン先生の添削指導は丁寧なの?


通信教育講座を比較するに当たり、添削指導の丁寧さは押さえておきたいポイントになります。


進研ゼミの高校講座の赤ペン先生は丁寧な添削指導になっています。


具体的な特徴について見ていきましょう。


  • 間違った問題の正しい解答を伝えるだけではなく、一人ひとりの理解状況に合わせて正解にたどり着くまでの道筋をコメントしてくれる
  • 教科それぞれのつまづきやすいポイントや、得点アップに繋がる解答の具体的なコツまで教えてくれる

苦手な分野を確実に潰しながら、テストや模試の得点アップのサポートもしてくれます。


会員ごとの性格や状況に合わせてアプローチしてくれるのが進研ゼミの高校講座の赤ペン先生の魅力です。


赤ペン先生の解答と解説を見る方法


進研ゼミの高校講座の赤ペン先生は、使用する時は、CyperGuard PDFをインストールするとオンライン上で確認できます。


以下では、赤ペン先生の解答と解説を見る方法についてまとめてみました。


  1. 進研ゼミの高校講座の公式サイトにアクセスして会員番号とパスワードを入力する
  2. 会員ページにログインした後に添削問題コーナーを選択する
  3. 教材内の添削課題の扉ページに記載されているWEB解答コードを入力する
  4. 赤ペン先生の解答やアドバイスを確認できる

郵送で添削課題を提出したり返却してもらったりするのと比較すると、ネット上で確認した方が簡単ですし時間もかからない様になってます。


74.7%の受講者が塾や予備校に通わずに大学に現役合格しているのは赤ペン先生のお陰って面もありますので、進研ゼミの高校講座を効果的に活用するために極力利用するのが良いかと思います。


進研ゼミの高校講座の赤ペン先生についてでした。


進研ゼミ高校講座は通信講座ですが、赤ペン先生のサービスで添削学習ができる通信講座です。


進研ゼミ高校講座はこちら icon


  • このエントリーをはてなブックマークに追加