進研ゼミの高校講座は役に立つ?効果的なやり方は?

進研ゼミの高校講座が本当に役に立つのか、疑問を抱えている方は少なくないと思います。


全ての利用者が満足できるような通信教育講座はほぼなく、進研ゼミの高校講座も「受験対策として考えればそれほど役に立つとは思えない」「実践的な演習はあまりできない」といった意見の方もいます。


進研ゼミの高校講座は、他の通信教育講座やオンライン学習サービスとの違いとして次のような部分に魅力があります。


  • 長年の研究によって改良を重ねられたオリジナル教材やテキストで学習を進められる
  • 豊富なコースが用意されているため、あらゆるレベルの受験生に対応している
  • 塾や予備校に通わなくても、マイペースで自宅で受験対策の勉強ができる
  • 添削問題の提出を行うことで、赤ペン先生から一人ひとりに合うアドバイスを貰える
  • 品質が高いのにも関わらず、1科目5,390円と格安の料金で継続できる

教材のクオリティの高さと料金の安さの部分で、進研ゼミの高校講座は高い評判を獲得しています。


進研ゼミの高校講座だけでも、自分に必要な科目の受講で大学合格レベルに到達することは十分に可能です。


もちろん、役に立つのかどうかは自分の取り組み方次第ですので、「進研ゼミの高校講座を利用すれば絶対に大学に合格できる」と言い切ることはできないでしょう。


それでも、進研ゼミの会員で第一志望合格者の74.7%は塾や予備校に通わずに現役合格できたという確かな実績があります。


実績は何よりも評価基準として役立つって面はあります。


気になってるって方は是非一度高校講座を試して、自分に合ってる通信講座なのか判断してみてください。



進研ゼミの高校講座の効果的なやり方や取り組み方について


進研ゼミの高校講座で大学入試に通用する力が身に付くのかどうかは、個人の学習方法で決まります。


以下に進研ゼミの高校講座の効果的なやり方や学習の取り組み方について説明していますので、加入する前の参考にしてみて下さい。


教材の使い方に関する動画を視聴する


進研ゼミの高校講座では初めて利用する高校生のために、教材の使い方に関する動画が用意されています。


効果的な使い方や勉強方法について知りたい時に、進研ゼミの高校講座の動画はとても便利になってます。


以下の様に教科別に使い方の動画が用意されています。


  • 授業理解チャレンジ英語の予習や復習の使い方
  • 授業理解チャレンジ数学の予習の使い方
  • 授業理解チャレンジ数学の宿題の使い方
  • 授業理解チャレンジ国語の予習の使い方
  • 要点確認・暗記BOOKの理科動画のヒミツ

自宅に教材が届いてから直ぐに取り組むのではなく、まずは動画で学習の進め方について把握しておくのが良いかと思います。


大枠でとらえておいて、“ゴール”=何が教材の使い方のゴールなのか、どう使えば勉強したって言える状態になるのか、を知っておくと勉強の最中に役立つので。


24時間好きな時に赤ペンコーチに相談できるのをちゃんと活用


進研ゼミの高校講座は専用の教材やテキストを使って一人で学ぶのではなく、24時間好きな時に赤ペンコーチに相談できます。


「パソコン」「スマートフォン」「タブレット」などのデバイスを使い、WEB上で相談して悩みを解決できるのが魅力です。


赤ペンコーチに相談することで、具体的に何をしてくれるのか見ていきましょう。


  • 一人ひとりのレベルに合わせた学習の方法や進め方をアドバイスしてくれる
  • 子供の学習状況を確認しながらメールを使ってサポートしてくれる
  • 添削問題のつまづきやすいポイントや得点アップに繋がるコツを伝授してくれる

進研ゼミの高校講座を効率良く活かすには、赤ペン先生の活用が大事だと言っても過言ではありません。


また、進研ゼミの高校講座では、今後の進路に関する相談をプロのアドバイザーにできる「個別進路アドバイス」なんかも用意されています。


個別進路アドバイスは電話とWebの2つの方法で利用できます。


「どの道に進もうか迷っている」「自分の進むべき進路が分からない」という高校生は一度相談してみてください。


という事で、進研ゼミの高校講座は役に立つの?効果的なやり方は何?って疑問に関してでした。


実績(第一志望合格者の74.7%は塾や予備校に通わずに現役合格できた)から考えると、役に立つ、と言えます


効果的なやり方としては、ちゃんと教材の使い方を自分で把握しておいて、その流れに沿って学習を進められる様にしておく、のと、「赤ペンコーチ」っていうサポートサービス、添削サービスがあるので、ちゃんと使って“自分の勉強”に役立つ様に活用していく、って感じになります。


何を聞いたら自分の勉強に役立つのか、を考えて質問して、とりあえずそれを素直に試す、で、自分で効果を判断、で試行錯誤、が良いかと思います。


進研ゼミ高校講座はこちら icon


  • このエントリーをはてなブックマークに追加