スタディサプリ高校・大学受験講座のアプリ版の違いや使える機能

スタディサプリの高校・大学受験講座はオンライン学習サービスですので、「パソコンで勉強する」とイメージしている方もいると思います。


しかし、スタディサプリの高校・大学受験講座は専用のアプリが用意されています。


2017年の2月のリニューアルにより、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンに完全対応しました。



Web版とアプリ版の違い


以下が、スタディサプリの高校・大学受験講座のWeb版とアプリ版の大まかな違いです。


  • Web版の場合は毎回ログイン操作をする必要がある
  • アプリ版の場合はログアウト操作をしなければログイン不要で利用できる

「スタディサプリの高校・大学受験講座はスキマ時間に学習できるけど、毎回ログインするのが面倒」と感じている方は多いのではないでしょうか。


そのような人にはアプリ版の利用がおすすめです。


ログイン不要でサっと学習を開始する事ができるので。


そこまで時間をロスするわけではありませんが、より便利に、より勉強開始の敷居を低くして、スタディサプリの高校・大学受験講座を利用したいのであれば、Web版ではなくアプリ版をダウンロードしておくのを推奨です。


スタディサプリ高校・大学受験講座のアプリをダウンロードする方法


以下に、スタディサプリ高校・大学受験講座のアプリをダウンロードする方法をまとめてみました。


  • App StoreやGooglePlayでスタディサプリを検索する
  • 複数のアプリの中から高校講座/大学受験講座を選択する
  • フォームの中にユーザー名とパスワードを入力する
  • Web版と同じように好みの講座を視聴する

Web版でスタディサプリに登録しているならば、アプリをダウンロードして次回からはログイン不要で学習できます。


良く利用する動画は、「マイ講座に追加する」⇒「画面を一番左までスワイプする」と表示させることで、スキマ時間を有効活用して視聴可能です。


無料はごく一部で有料会員は全部


スタディサプリの高校・大学受験講座のアプリ版は、有料会員と無料会員があり、次のように使える機能が異なります。


  • 無料会員では各講座の第1回目の授業の視聴や、センター問題集の各科目1単元が利用できる
  • 有料会員では全ての講義が見放題、そしてセンター問題集を無制限に利用できる

無料はごく一部で有料会員は全部使えます。


スタディサプリの無料会員に登録した場合、公式サイトにアクセスすれば、


  • 「高3 英語超入門の第1講 ガイダンス前編」
  • 「高3 スタンダードレベル英語の第1講 時制(1)」
  • 「高3 数学講座の選び方」
  • 「高3 スタンダードレベル数学IAIIBの第1講 数と式」

などの動画の視聴が可能です。


ただ、無料会員だと、第1回目の授業動画しか視聴できませんので、その後継続して自分が求めている学習等はできません。


有料会員に加入した場合、スタディサプリの高校・大学受験講座の動画を全て視聴できる様になります。


有料会員と言っても、ベーシックコースの1ヵ月当たりの料金は980円と非常に安いので、内容に満足しているのに、無料アプリだけで終わる、というのはもったいないかと思います。


月980円払えば、その満足している内容、で学習して、高校の成績・大学受験の負担軽減・志望校合格・その後の生涯賃金への良い影響、等々が手に入るのですから。


料金の安さとクオリティの高さで評判を獲得しているオンライン学習サービスですので、スマホアプリのスタディサプリの高校・大学受験講座で日々の勉強を進めてみてください。


という事で、スタディサプリ高校・大学受験講座のアプリ版の違いや使える機能についてでした。


他のオンライン学習サービスとの違いとして、スタディサプリの高校・大学受験講座は「4万本以上の授業動画が用意されている」「プロの講師による分かりやすい説明が受けられる」「志望校別の対策もできる」といった魅力があります。


「定期テストの点数が上がった」「志望校に合格できた」と確かな結果を残すことができている高校生も少なくありません。


塾や予備校に通っても学習を継続できなかったって人は、是非一度スタディサプリの高校・大学受験講座に入会して得意分野の復習や苦手分野の克服に利用してみて下さい。


また、スタディサプリには生配信版のスタディサプリLIVEもあります。


スタディサプリLIVEもスマホで学習できるサービスです。


スタディサプリLIVEについては「スタディサプリライブは夏期、秋期、冬期講習があり申込期間が決まっているサービス」をご覧下さい。


【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服


  • このエントリーをはてなブックマークに追加