勉強をするには場所を選ばない様にしておくのがおすすめ。

勉強できる場所を選ばない状態というのは大切。


受験は勉強時間が重要です。


いつでもどこでも、「やろうと思えば勉強できる」というのは勉強時間に直結してきます。


場所を選ばないようにするために、スマホの写真を使うという方法があります。


スマホの写真は、かなり拡大しても細部まできちんと見ることができます。


そして、スマホというのは常に持っているものですよね。


遊びに行くときにも、学校に行くときにも。


思い立ったときにすぐ、「あれ、なんだっけな?」って思ったときに、
すぐ知りたい事を確認できる
というのはすごく大事です。


思い立ったときにやらなければ、”あれ、なんだったっけな?”と「思った事」すら忘れてしまいます。


そうすると、分からないまま時が過ぎるという事です。


分からないまま時が過ぎれば「あれ、なんだったっけな?」なんて思わなくなるので、
分からない事を分からないままで受験日を迎えるという事になります。


スポンサーリンク


写真を使って覚えていく?


ですので、勉強していて結構つまづく部分、かなり苦手という部分は、参考書の解説に自分のポイントを記入しておき、その部分をスマホで写真を撮っておくのが有効です。


結構つまづいている様な物でも、何回も見ていれば”確実に”最終的には覚えられます。解ける様になりますし、理解できます。


つまづいている様な物は写真に撮っておき、いつでもどこでも、遊んでるときでも、”まあちょっと確認しても良いかな?”と思ったときに確認できる様にしとくと復習の回数が増えます。


それがかなり大きいのです。


つまづいていない様な物でも、例えば世界史の用語を暗記する様な時は、そこの部分をスマホで写真に撮っとけば復習が簡単になります。


教科書を持っていない時や教科書を開きたくない時、わざわざ参考書を手に持ちたくない時、そういった時にもその情報にアクセスできるからです。


一歩目が超カンタン


基本的にスマートフォンは、いじり始めがすごく簡単です。


メールを見たり、ネット検索したり、音楽聴き始めたり、自分が何とも思わない、苦とも思わない様な事するためにスマートフォンをいじります。


ということは、その時点でもう既にいじっているわけですから、パッと思ったときに(ちょっと復習しよ。など思ったときに)すぐ確認できます。


写真のファイルをただ開くだけですから。


超細分化されているわけです。


確認したいなと思ったときに、わざわざ参考書等を開かなくても良いのです。


この部分をスッ飛ばす事ができるのはかなり大きいです。


そしてファイルを開いてしまえば、ボールが坂を転がり始めるのと同じで、とりあえず確認してしまうのです。


もちろん、写真ファイルを開くのすら面倒くさく感じる時もあります。


ですが、「すぐには確認できない状態」と「確認しようと思えばすぐ確認できる状態」というのはかなりの差があります。


具体的には、例えば、英語の例文(自分が分からない単語、熟語が入っている1文など)を、写真にとっておけば英単語帳の様な感じでも使えます。


英文だけ見える状態までズームして、そこからちょっとずらせば、日本語訳が分かる状態(分からない物の意味が分かるよう)にできるので。


英単語を覚えるには文単位で?


ちなみに私は単語だけで覚えるよりも、例文の中にわかんない単語を組み合わせた方が良いと思います。


既に分かっているようなもので作られている英語文に未知の単語が入っていれば、わかっている物に関連付ける感じで単語を覚えられます。 物事を覚えるには関連させるっていうのはかなり有効なので。


さらに、文で覚えておくと選択問題などで出てきたときに、”あれ、この使い方ちょっと違和感あるな。違う気がする。じゃあこっちか。”等が分かりやすくなります。


「はっきりとは分からないけど無意識的にはちょっとおかしく感じる」これは結構大事です。


スポンサーリンク


その都度、覚えているか?を確認するのも超大事。


他には、苦手な、何回復習しても解法を覚えられない数学の問題などを、スマートフォンで写真に撮ります。


1枚目には、数学の問題文自体だけを撮っておき、二枚目には解説の部分を写真に撮ります。


この写真の撮り方も、解説部分に自分がいつも忘れてしまうようなポイントを書き込んだり、赤線などを引いてスマホで写真を見た時に”いつも”思いだせる様にしておきます。


結構、遠目から撮ってもズームすればはっきり見えるようになっているので、全体が入るように写真をとっておきます。


そして、電車の待ち時間や友達との待ち合わせ時間、電車で座っている時間等に「確認しても良いかな。」と思った時に、問題文を確認し、パッと「解法」が思いつかないものは二枚目の解説の写真をよんでいきます。


パッと思いつかないという事は、無意識レベルにはなっていないという事なので。
(⇒試験で使える定着のレベルとは?


この際、2枚になってると面倒くさい時もあるかも知れないので、写真を合成しても別に構わないと思います(JTirmというソフトなどで)。


ですが、問題文だけを読んで解き方の流れが思いつくか思いつかないかを確認しないと、ただただ読んでるだけになってしまいます。


覚えているか試していない、覚えようとしていないという事になってしまいます。


何でもそうですが覚えようとするものは、「その瞬間に絶対に覚える。」、「一時的にでも、覚えたかどうかを確認する。」というのが大事です。


解説を読んで、その情報から目を離し(ここではスマホから目を離し)、自分でその流れを説明できるかどうかを確認すると効率よく覚えられます。


なぜならば何も見ないで、流れの説明ができるならば、とりあえず頭には入ったという事だからです。


とりあえず頭に入っていなければ、説明なんてできないので。(思い出すことなんてできないので。)


むしろ、覚えるというのは「とりあえず頭に入れる」を何回も繰り返していく作業の事です。
(→高校の成績を上げる方法は勉強時に記憶を常に確認し復習する事!


覚えたいものは、その都度、目をつぶったりその情報から目を離して、とりあえず頭に入ったかどうかを確認します。


そうすれば、「あっ分かんない」「思い出せない」という所が出てきますので、そこがあなたが覚えられていないところです。


その詰まった所が分かっていない部分になります。


その詰まった所を重点的に繰り返して覚えていく事になります。


参考書や教材で勉強している時には、その箇所に赤線なりポイントを書き込んだりして、後々に復習するときに役立てます。


ポイントを書いて記録するのは、復習する時に確実に思いだせるようにする意味もありますし、記憶の引っ掛かりを多くするためでもあります。


一つ持てば何教科分もの情報にアクセスできる!


話が結構それてしまいましたが、スマホの写真はかなりの部分までズームできますし、一つの端末に何教科分もの「覚えるべきもの」を入れておけますので勉強にも利用できます。


それに、遊びに行くのに教科書は持っていかないけどスマホは持っていくわけです。


電車に乗っているときに、参考書を広げるのがちょっと気になるという時にも、写真を撮っておけばただスマホをいじってるようにしか見えません。他人から見れば。
(他の人は関係ないのですが、気になる方もいると思います。)


いつでもどこでも、やろうと思った時に、「やろうと思えばスグやれる状態になっている」というのはかなり大きいのです。


スタディサプリ
の各講座の名称
各講座のページへのリンク
中学・小学講座
高校受験対策講座

ちょこちょこ好きな時に勉強できる
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料
高校・大学受験講座
部活や通学時間のスキマに
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
TOEIC L&Rテスト対策コース
1つの動画が1駅~2駅分の長さ
TOEICテスト対策
日常英会話学習
スマホでいつでもだからレッスン予約や通学の必要なしな学習
スタディサプリ ENGLISH

スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加