効率のいい勉強法だけでは足りない?

効率のいい勉強法を見つけるのが目的になると―――。


「テストでいい点がとりたい!」
と思ったり、
「受験で合格したい!」
と思った場合に、効率の良い勉強方法を探すこともある事と思います。


ですが、勉強法を探している時に忘れてはならない事があります。


1時間のめちゃくちゃ効率が良い勉強は3時間の非効率な勉強に負けるということです。


なぜならば、めちゃくちゃ効率が良い勉強をするためには、効率の良い勉強方法を学ぶ必要があるからです。


めちゃめちゃ良い勉強法って簡単に見つかるの?


「めちゃくちゃ良い勉強法」なわけですから、かなりの時間を割いて見つけ、更に習得するのにも少なからず時間がかかります。


その探し始めてから習得するまでにかかるであろう時間で普通に勉強していれば、余裕でめちゃくちゃ効率が良い一時間に勝てるわけです。


勉強のトータルが短い時間で終わるならば。


そういう意味で、勉強の絶対量が最重要なことの一つなのです。


スポンサーリンク


もともとないものは効率よくできない?


そもそも効率を良くするメリットを最大限享受するには、その背景に圧倒的な時間を費やしている事がないとあまり意味がない訳です。


受験等の様に、わりと時間をかけてやる必要がある場合に有効になるわけです。きちんと勉強の絶対量がある場合には。


勉強の効率を上げようと探しているのに、勉強の効率を下げてはいけないのです。


目的が「合格する事」なのに、その前の段階の勉強方法に時間を掛けすぎてはいけません。


世の中には”最高”と呼べる勉強法もあるのかも知れません。


ですが、その勉強法を探している時間を勉強に費やしていたら、かなり目的に向かって前進していた。もう目的を果たせていた。ということがよくあります。


効率を上げようと勉強法を探していたのに、目的を考えると逆に非効率になってしまうことがあるという事です。


ですから、ある程度基本的な勉強のやり方を学んだら、あれこれ迷走せずにやらなければいけない事=実践的な勉強=試験に出る問題を何も見ずに解ける様にする、という事にあなたの大事な限られた時間を費やすのが重要です。


めっちゃイイ勉強法ってどういうの?


そもそも基本的な王道の部分以外、自分に合った勉強法というのは、人それぞれなわけです。


”もっと良い方法があるんじゃないか?”、”もっと楽な方法があるんじゃないか?”


と、いつの間にか勉強の前の段階に時間を費やしてはいけません。


勉強方法の模索に時間をかけてはなりません。


あなたの時間の全ては、あなたの目的に直結する事に注力されるべきです。


そして、実際に勉強して分かってくる事の方が役に立つ事が多いのです。


やっている内にあなたにとって最適な勉強法が、あなた自身によって完成されていくんです。


効率良く勉強したいのならば、王道の部分に、あなたが良いと思う、あなたが良いと実感したものを付け足していけば良いのです。


スタディサプリ
の各講座の名称
各講座のページへのリンク
中学・小学講座
高校受験対策講座

勉強時間や目標を設定することでアクセスした時にやるべきことが一目瞭然
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料
高校・大学受験講座
課題の期限が明確に定められていてわかりやすい合格特訓プラン
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
TOEIC L&Rテスト対策コース
学習時間管理で頑張った分を見える化
TOEICテスト対策
日常英会話学習
デイリーレッスンのデータから苦手なポイントを分析し自分に合わせたプログラムを
スタディサプリ ENGLISH

スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加