予備校のプラン選び(週3日、フルタイム等)で迷ったら『自分の性格的な実績』を加味する!

予備校を検討していると、プランがたくさんあり「週3日制にしようか?自分で好きな回数だけ授業をとろうか?、フルタイムにしようか?予備校の寮にしようか?はたまたスタディサプリ↓等の講義動画の物にしようか?」等、どれにしようか迷う事があると思います。


プランを選ぶ時に注意しておきたいのは、自分の性格的な実績を加味して予備校のプランを決定する必要があるという事です。


浪人生活を始めたら、今までの自分を完全に変えた勉強生活を送る!と決意を固めるかもしれませんが、今までの自分の性格的な実績を無視して、今の所は実績になっていない「決意」を前提にした予備校のプラン選びは危うい部分があるので注意しなくてはなりません。


スタディサプリ
の各講座の名称
各講座のページへのリンク
中学・小学講座
高校受験対策講座

ホーム画面に一人一人に合わせた学習計画
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料
高校・大学受験講座
何をやるべきか計画を提示してくれる合格特訓プラン
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
TOEIC L&Rテスト対策コース
学習時間管理で頑張った分を見える化
TOEICテスト対策
日常英会話学習
デイリーレッスンのデータから苦手なポイントを分析し自分に合わせたプログラムを
スタディサプリ ENGLISH

記事の目次



スポンサーリンク


実績ではない『期待』を前提にしたプラン選びは危うい?


浪人になったら現役とは180度変わって大学合格に向かってかなり頑張れると思う!という“見込み”はあくまでも単なる「見込み」であり、「現実になって欲しいな」という、期待するには根拠的に足りない淡い期待とも呼べるものです。


今までも現実に勉強して来れたという『実績』ではないのですから、「浪人したら勉強できる!」というのは期待として物凄く“淡い”のです。


見込みで考えるのではなく、めちゃくちゃ現実的に考えて予備校のプランを選び、『今までの自分の性格的な実績』からでも実際に受験勉強の継続がイメージできるという予備校選びをした上での浪人生活にしなくてはなりません。


そうでなくては、『今までの自分の性格的な実績』が顔を出してしまったとしたら、すぐに『イメージしていた浪人時の受験勉強』に綻びが出てきてしまうのです。


今までの自分の性格的な実績とは?


自分の実績というのは勉強の実績の事ではなく、今までの自分の物事への取り組みのパターンの事です。


以下の様な事を考えておくのが、『自分の実績』を加味した予備校や塾のプラン選びをするには必要になってきます。


  • 自分には怠惰な部分があるか?
  • 自分から勉強時間をしっかり取れた事があるか?
  • 誰かに管理されなくても、やるべき事を続けられた事があるか?
  • 強制的な部分がなくても勉強する事はできてきたか?
  • 自分から進んで空いた時間を勉強に充てる事ができてきたか?
  • 最低限の時間、勉強をすれば満足してそれ以外では勉強できなくはなかったか?

これらが、この記事でいう自分の『実績』です。


この自分の実績を考えて予備校のプラン(週3日、フルタイム、寮、少ない授業、動画での講義サービスなど)を決めておく必要があります。浪人生活の途中で受験勉強から離れないためには。


スポンサーリンク


自分の『実績』から予備校のプランを選ぶとは?


自分の『実績』から予備校のプランを選ぶには、例えば以下の様に決定していきます。


  • 「基本的に自分には怠惰な部分があるから、週3日だと段々他の日は勉強しなくなるかもしれない。予備校の授業を毎日とれば(フルタイムや多めの回数)、強制的に勉強する機会ができるから、今の自分の実績でも受験勉強の継続がイメージできる」
    (関連記事:浪人の原因が“怠惰な自分”なら面倒でも予備校の授業数を多めにとる

  • 「人に言われなければ、今まで勉強に時間を使えていなかったから、面倒見の良い予備校にして色々口を出してもらって強制感を持たせた方が良いかもしれない。更に勉強始めやすい物として補助で講義動画サービス等も使った方が良いかもしれない。気持ち的には億劫に感じるけど。」

浪人時にしっかり勉強するには、自分の性格的な実績を加味して面倒に感じて逃げたくなる様なプランであっても、厳しめで実際に即しているプランを選ぶ必要があります。


ホントに欲しいのは、面倒な事から逃げられる事なのか、大学合格なのか、を考えるとどの予備校のプランが“ホントは”自分に一番良いのかが認めやすくなります。


“淡い期待で選んでいないか?”を客観的に判断するには?


自分の性格的な実績は自分では過大評価しがちなので、今考えているプラン選びが淡い期待かどうかは第3者化して考えると客観的に判断しやすくなります


「地道で面倒そうな道に感じて嫌だけど、現実的に考えると、こっちの予備校のプランを選んだ方が本当は良いんじゃないか?」という考えが出た時にも認めやすくなります。


例えば、「現役の時は全く勉強していなかったけど、浪人した今年は週3日制の予備校にして残りの日は毎日8時間勉強する!」と言っている想像上の第三者を考えてみて下さい。


第三者がこの様に言っている場合、客観的に考えて「その人は浪人時には毎日8時間勉強できそうだ」と感じますか?


「8時間はきついかもしれないけど、一年の大半を受験勉強に充て続ける事はできそうだ」と感じますか?


自分ではなく客観的に判断しやすい“第三者”が「現役の時は自分の家では全く勉強できなかったけど、浪人になったら家で毎日勉強する!」と言っていたら「それは淡い期待なんじゃないか?」って感じますよね?


見込みはあくまでも見込みであって、実績ではないのです。


見込みを前提に浪人時の受験を決定すると自分の大学受験が危うくなってもおかしくないので注意して下さい。


性格を加味した予備校のプラン選びのまとめ


浪人生活を始めても、“大学合格のために出てきて欲しくない自分の癖”は当然の様に顔を出してきます。


嫌な癖は無視したくなりますが、そこを加味していない浪人時の勉強のプランは現実味が足りないプランになってしまいます。


なので、出てきて欲しくない自分の癖をコントロールできる様な対策をかねている予備校のプランを選ぶ必要があります。


めちゃくちゃ現実的に考えてイメージした時に「物凄く面倒くさく感じる様な地道な道」を選ぶ方が自分が得たいと思っている結果に確実に到達できる事が多いです。


ホントはただ面倒な事から逃げたいという理由なのに、“実際”から目を背けて「週三とか講義の数が少ないプランの方が自分の浪人生活はうまくいく!」と考えていませんか?


『見込み』を前提にして「浪人時には予備校の授業以外の空いた時間の大半を勉強に充てられる!」と思っていませんか?


リアリティを持って、“普通に考えてかなり現実に即している”と感じるぐらいの予備校のプランを選ぶ方が後悔のない浪人生活にしやすくなります。


スタディサプリ
の各講座の名称
各講座のページへのリンク
中学・小学講座
高校受験対策講座

学習習慣を定着させる充実したサポート機能
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料
高校・大学受験講座
1コマ15分程度からの動画授業で定期的な学習習慣
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
TOEIC L&Rテスト対策コース
学習時間管理機能
TOEICテスト対策
日常英会話学習
ストーリーの主人公になりきって会話レッスン&発音チェック
スタディサプリ ENGLISH

スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加