高校の成績を上げる方法は勉強時に記憶を常に確認し復習する事!

勉強しているのに成績が上がらないとやる気も上がらず、勉強から遠ざかってしまう事があると思います。


成績を「テストの点数」とするならば、高校での成績を上げるためには、「勉強しているのに模試やテストで点が取れないようには勉強しない事」が重要です。


点数がとれない勉強というのは、「テスト中には思い出せない勉強」です。


なぜ思い出せないかというと、繰り返しが足りないというのも理由の一つですし、記憶していないかのような勉強になってしまっているからです。


ですので、きちんと『記憶する勉強』にするために「勉強している最中に常に記憶したかどうかの確認をする」のが、高校の成績を上げるためのポイントです。


暗記のコツ


暗記するコツは、「常に、とりあえず覚えたかどうか」を確認していく事です。


解答を見ながら思い出せるのは当たり前なので、「見ないで思い出せるかどうか」を確認しながら復習していくのです。


復習する際には、問題を読み、答え(答えまでの流れ)を思い出せないものは、一度参考書や問題集の解答を見て内容を再確認します。


そして、参考書から目を離して(もしくは目をつぶったりして)、その内容を思い出せるかどうか?を「毎回」確認します。


ひとつひとつ「とりあえず今は何も見なくても思い出せる状態になった」という状態にしてから進めていきます。


面倒に感じるかもしれませんが毎回上記の状態にしてから進まないと、結果が出ない勉強(=成績があがらない勉強)になってしまいます。


スポンサーリンク


今思い出せないなら一週間後も思い出せない。


一分前の内容を「今、何も見ないで」思い出せないならば、一日後にも一週間後にも同様に思い出せないのは明白です。


もちろんテスト当日、模試当日、大学受験当日にも思い出せません。


今覚えても思い出せない事もありますが、今、とりあえずでも覚えなければ、「思い出せる可能性」すらないわけです。


なので、可能性を追うために「その瞬間にはとりあえずでも覚えたかどうか」を常に確認します。


「とりあえずでも」と書いたのは、一度は何も見ないで思い出せるように覚えた内容でもどんどん忘れていくのが当たり前だからです。人間の脳はそのようになっているからです。
(→記憶のコツって何?試験で忘れてはいけない?


どんどん忘れていきますが、試験会場でも思い出せる様に記憶するには、勉強している最中には、毎回「とりあえず何も見ないで思い出せる」という状態にはしていく必要があります。


そして、これから先何回も復習をしていくと(=繰り返し同じ情報に触れていると)、最初から何も見ないで(解答を見ないで)思い出せる様になります。


何回も復習していると、問題を見れば何も考えずにパッと思い出せる様な、「あなたにとって当たり前の記憶」になるのです。


試験範囲の中で、覚えている問題が多くなっていけば普通に成績は上がります。


それが、高校の勉強です。


また高校の中間テストや期末テストで出る問題は、ある程度パターン化されています。( 高校の中間・期末テスト勉強のやり方を知り効率よく点数をあげる!


会員数25万人以上が利用するオンライン学習サービス
【スタディサプリ高校・大学受験講座】


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


スポンサーリンク


関連のあるのその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加