家で勉強し始めてもテレビやマンガを見ちゃう!とき

家で勉強してもすぐ違うことやっちゃう!という時に。


受験にむけて、いざ自宅で勉強を始めても、ついついテレビを見てしまったり、マンガを読んでしまったりする事があると思います。


一般的にはテレビを見ることは楽しいことですし、マンガを読むのも気分を良くしてくれる物です。


逆に言えば、楽しくなく、気分を下げるものならば、テレビだろうが漫画だろうがやらないわけです。 (他の「楽しい」に行ってしまうかもしれませんが。)


というわけで、勉強したいのに、もしくは勉強しなくてはいけないのに、”テレビ見ちゃって勉強できない”、”マンガ読んじゃって勉強できない”場合には、テレビや漫画などの「楽しい。面白い。」というものを、”嫌なモノ・気分を下げるもの”に関連付けるのが有効です。


どうしても見ちゃう「楽しい」を「嫌なもの」にくっつけておく?


どうやって関連づけるかというと、ふせん紙を使います。


付箋紙はなんでもいいです。100均のでも何でも良いです。


以前、今日やるべきことは、前日の夜に書いておくのが、やるべき事をやるためには有効と書きました。


付箋紙を使うと、やり終えたものをまとめておくのは大変ですが、「テレビを見ちゃって、そもそも勉強自体ができない」場合には、まとめられるかどうかよりも「勉強をする」の方が重要です。勉強が目的の場合には。


スポンサーリンク


どうやってテレビを嫌なものにするの?


テレビを嫌なものに関連付ける最初の一歩は、寝る前に明日やるべきことを付箋紙に書いておく事です。
(”やるべき事”は寝る前だけではなく、気付いた時に書いておくと抜け落ちている事が少なくなります。)


そして、その付箋紙を「ついついやっちゃう。」ものに貼っておきます。


テレビを見てしまうならば、テレビの枠にやるべきことを一つづつ書いた付箋紙をバーッと貼るのです。


こうしておくと、ついついテレビを見ちゃった場合、常に「やるべきこと。」が視界に入ってきます。


そうすると、テレビを見ていても「あぁ、あれやんなきゃな。」と、人により程度は異なりますが少なからず自己嫌悪に陥ります。


自分で決めた事をやっていないでテレビ見ているわけですから。


そうすると、だんだんと、”テレビ”=”自己嫌悪を発生させるモノ”に関連付けされてきます。
(フセン紙は書かれている事をやるまでずっと貼っておきます。一週間でも、一ヶ月でも。粘着が弱まったらもう一度書いたり、テープを使ったり。)


テレビを見ていても、常に頭の中を駆け巡るわけです。自分で決めた「やるべきこと」が。


フセン紙による無言のプレッシャーがすごいわけです。


こうなると、テレビを見ていても100%で楽しめなくなっていきます。


やれば解決できるなら、「やってもいいかな」になりやすい?


通常は、「自己嫌悪」というのは嫌なモノですから、”できれば解決したい”わけです。


そして、ふせん紙に書いてあるものは、「あなたがやるかやらないかだけに依存している、具体的に(数字などを使い)書かれているやるべきこと。」なわけです。
(→目標をたてる際に気をつけたい事って?


やるか、やらないかだけですから、やったならば、自己嫌悪とはおさらばできるわけです。


やったのにできない、という風には目標を立てませんから。そのようにはフセン紙に書きませんから。


「やったならば」、「常に」自己嫌悪とはおさらばできるわけです。


そして、やったならば、やった付箋紙ははがしていきます。


テレビから、ふせん紙がなくなるのはやるべきことを全てやった時だけです。


こうなると、付箋紙のないテレビを見るだけで物凄く気分が良くなってきます。


番組を見ていなくとも。電源は入っていなくとも。


そうすると、段々と、「ふせん紙の貼っていないTV」を目指す様になってきます。


なぜならば、その状態のテレビはあなたの気分を良くしてくれる物だからです。


そして、フセン紙が全てなくなった段階では、テレビを見たって全然構いません。むしろ100パーで見て構わないわけです。


やるべきことをちゃんとやっているんですから。


誰に何と言われようと、胸を張っていられるんですから。


外したフセン紙の束を見せれば、「今日やったのはコレ。」と簡単に第3者に言えるわけです。
(言われるのが気になる場合には。)


胸を張っていられるような状態は「気分がいいもの」ですから、この状態を目指すようになっていくのです。


しかもそれは、やったならば常に到達できる状態なのです。


スポンサーリンク


勉強し始めてもマンガを読んじゃう?


漫画の場合も同様です。


本棚に入れて保管している場合には、本棚に付箋紙を貼っておきます。(ちゃんと、漫画をとる時に付箋紙が目に入る場所に貼ります。)


これもテレビと同様で、マンガを本棚から取り出すときに、人により程度は異なりますが、「自己嫌悪」や「テンション下がる」が少なからず出てきます。


そして1冊目を読み終わって、2冊目をとりに行ったり、本棚に戻しに行ったりするとき、また「テンション下がる」わけです。


そうすると、「できれば、テンション下げたくない。」が出てきますので、”このイヤな気持ちを片付けちゃいたい。”も出てきやすくなります。


そしてここでもまた、「やるか、やらないか。」だけで決まるように目標を立てているので、「やったけど、できなかった。」は避けているわけです。


そして、実際に「やった。」場合にはやったフセン紙を取っていきます。


付箋紙が全てなくなった場合には、「テンション下がる」が「テンション下がらない」になっているので、この状態を気持ちよく思う様になります。


”気分良くさせてくれる状態”は、目指すに値するわけです。


感情のふり幅を大きくして自分を型にハメる?


また、本棚をみて「テンション下がる」状態から、本棚を見てフセン紙がない「テンション上がる」状態になると、「テンション下がる」から「テンション上がる」に変化しているので感情の振り幅が大きいです。


0が1になるよりも、-1が1になった方がインパクトがあります。


あなたの感情の動きが大きいのです。


最終的にはどちらも同じ「1」の状態でも、「1」の価値が異なって感じられるのです。


そうすると更にその状態を維持しようと、ムキになっていきます。


気持ち良さが全然違うので。フセン紙がはってある状態とない状態では。


これは、受験に合格するためにはプラスな事です。


思いを実現するためにはプラスな事です。


この方法はテレビやマンガだけではなく、目的達成を妨げる事になってしまっている「楽しい、面白い」ならば全てに使えます。


”やるべきことを付箋紙に書いて、[楽しい]に貼っておく”というのは、目的を達成するための選択肢の一つとして有効です。


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


【スタディサプリ高校・大学受験講座】
会員数25万人以上が利用するオンライン学習サービス


スポンサーリンク


集中できない時の対処法に関連するその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加