進研ゼミの高校講座では生徒のやる気やモチベーションを高めるために、努力賞サービスが実施されています。

進研ゼミの高校講座だけではなく、小学講座や中学講座も同じですね。

この記事では、努力賞サービスや努力賞ポイントが一体何なのかまとめてみました。

努力賞サービスや努力賞ポイントは勉強やめちゃうのを留めるための一つのサービス

努力賞サービスや努力賞ポイントの内容は以下です。

  • 努力賞サービス:高校講座の添削課題を提出するとポイントが付与され、好きなプレゼントと交換できるシステム
  • 努力賞ポイント:添削課題や個別ニガテ診断テストを提出した際に付与されるポイント

進研ゼミの高校講座は自宅に送られてきた教材やテキストを解くだけではなく、添削課題が用意されています。

添削課題は毎月送られてきますので、「提出するのが面倒だな~」と感じている生徒は少なくないと思います。

それをある程度回避するため、毎月ちゃんと課題を提出すれば努力賞ポイントが貯まって、用意されているプレゼントと交換できる様になってます。

ポイントが貯まれば貯まるほど景品は豪華になっていきますので、モチベーションアップに繋がるサービスです。

=勉強やめちゃうのを留めるための一つのサービス

努力賞ポイントの貰い方や確認方法

進研ゼミの高校講座の努力賞ポイントを貰う方法は、次のように学年によって違いがあります。

  • 高1講座:演習チャレンジ内にとじ込まれている添削課題や、個別ニガテ診断テストの提出
  • 高2講座:演習チャレンジ内にとじ込まれている添削課題や、8月号でお届けされる個別ニガテ&志望大ギャップ診断テストの提出
  • 高3講座:エンカレッジにとじ込まれている添削課題や、「4月号」「8月号」「12月号」の合格可能性判定マーク模試の提出

与えられた課題を期間内に取り組んで提出することで、努力賞ポイントが付与されるという点ではどの学年でも一緒です。

インターネットで課題を提出した場合は返却日の翌日にポイントが確認でき、郵送返却の場合は手元に届いた時の同封の台紙でポイントを確認できます。

また、マイページの努力賞プレゼント申込画面でもポイントの確認ができますので、どのくらい獲得できたのかチェックしてみましょう。

努力賞ポイントと交換できるプレゼントの例

努力賞ポイントを貯めることで、様々なプレゼントと交換できます。

自分の欲しい商品があれば、添削課題を提出するモチベーションが大いにアップするのではないでしょうか。

ここでは、一例として2018年10月時点で、努力賞ポイントに応じて交換できるプレゼントを幾つか挙げてみました。

  • 20ポイント:「スマホリングスタンド」「手ぶらで暗記 スマ単」「バインダー+ルーズリーフセット」
  • 30ポイント:「ロジカル・エアーノート」「図書カードNEXT500円分」「スマホカメラレンズ」
  • 60ポイント:「ルートート ペンケース」「6色セットのファイルボックス」「お風呂でスマホケース」
  • 90ポイント:「ペイントマーカー デザイナーペン」「Q&Qスマイルソーラー黒盤」
  • 120ポイント:「2018 THANK YOU カタログギフト」「図書カードNEXT2,000円分」
  • 180ポイント:「タブレット・スマホ用 モバイルバッテリー」
  • 240ポイント:「カシオ電子辞書エクスワード」「Bluetooth スピーカーフォン」
  • 300ポイント:「ポータブルDVDプレーヤー」「Melitta コーヒーメーカー」

前述した様に、貯めたポイントを多く消費するほど、貰えるプレゼントも豪華になります。

努力賞プレゼントを申し込む方法

進研ゼミの高校講座の努力賞プレゼントを申し込む方法は、次の2種類から選択可能です。

  1. Webから申し込む:オンライン上で努力賞プレゼント申し込み画面にアクセスし、好きな商品を選択して手続きを行う
  2. 郵送で申し込む:申し込み用紙に「名前」「電話番号」「会員番号シール」などを記入し、郵送で指定の住所に送る

受付してから約2週間程度で、プレゼントが自宅に届きます。

プレゼントが目に入る=今までの自分の勉強の継続が可視化されてる、って意味でもやる気に繋がる事も出て来ると思います。

進研ゼミの高校講座は嬉しいサービスやシステムが多い通信教育講座ですので、是非一度入会してみてください。

進研ゼミ高校講座はこちらicon

スポンサーリンク