語呂合わせのやり方のポイントは関連付けです。

語呂合わせの作り方はいくつもありますが、他にも関連付けをやってみます。

関連付けとゴロ合わせその1

「以下の数字を覚えて下さい」と言われました。

「2151152689」

どのように覚えましょうか?

とりあえずこれでは覚えにくいので、覚えにくいものは既に知っている所まで細分化しましょう。

「215/115/268/9」

10ケタの数字よりも(上記の数字は10ケタあります。)、3ケタの数字の方が日頃から接している機会が多いので、上記の様にしてみました。

この様に区切ると、少しは覚えやすくなりました。

「3ケタの数字×3、+1ケタの数字」
にした方が、
「10ケタの数字1コ」
を覚えるよりも、私にとっては楽です。

スポンサーリンク

もっと小さくしてみる?

小さくしてみましたが、実際にはこれでもまだ微妙なので、

「21/51/15/26/89」

と2桁の数字×5にしてみました。

これでもまだ覚えにくいので、2桁の数字それぞれを既に知っている事に関連付けます。

何でも良いのですが私の場合は以下の様にしました。

「21」は ふいに の「ふい」にしました。
「51」は野球選手のイチローの背番号です。
「15」はイチゴにしました。食べ物の。
「26」は風呂にしました。
「89」はハックションの「ハック」にしました。

※イチローは他の人が見ると16とまぎらわしいですが、作るあなた自身が判断できれば何に関連付けても問題ないです。
第3者が覚えるために作っているのではなく、「あなた」が覚えやすくするために作っているので。
わたしは「イチロー」と言われれば、「16」ではなく「51」を思い出します。

あなた自身が紛らわしいと感じる様な物は避けた方が無難です。関連元と関連先が無意識に何の疑いもなくスグには思いつかないという事なので。

知っているものに更に「くっつけていく」。

変換したものを文にすると、

「ふい(に)イチロー(が)イチゴ(食べて)風呂(入って)ハック(ション)」

これなら結構覚えやすくなりました。

今回やったのは、覚える対象を細分化して(2ケタにして)、知っている事柄に無理やりにでも結びつけて(51⇒イチロー、89⇒ハックション、等)覚えやすくしました。

「2151152689」という数字の羅列を

「ふい(に)イチロー(が)イチゴ(食べて)風呂(入って)ハック(ション)」

という文(のようなもの)にして覚えやすくしました。

「文を思い出す。」=「10ケタの数字を思い出す。」に繋がっているという事なのです。

知っているものなら何でもいい!

関連させるものは、無意識レベルのものならば何でも良いです。

つなげるものが文である必要はありません。

数字を駅から自宅への道の店等に関連付けても良いですし、友達に関連づけても良いです。

ポイントなのは、関連付ける先が”無意識にでも”わかっている様な事柄にする事です。そうしなければ、関連付ける先も覚えなくてはならないので2重に大変です。

駅から自宅への道は無意識にでも帰れるくらいにまで覚えています。どこにどんな店があるかも分かると思います。何回通ったかわからないくらい通っているので。

友達の顔も、親しい人ならば、何も考えなくても名前や特徴、顔などが出てくるわけです。

あなたの情報に新しい情報をくっつけるのです。

何かを覚えやすくする時には、あなたにとっての当たり前の情報に、覚えたい情報を「ムリヤリにでも」くっつけるのがコツです。

仮にあなたの友達に「A」「B」「C」「D」「E」と5人いたとします。

先程の同じ数字を覚えるのに、文ではなく友達に関連付けるならば、2ケタの数字を当てはめやすい人に割り振り、頭の中でその5人と順番に会っていくという方法もあります。

割り振る数字もその人それぞれにシンプルに関連するものが良いです。
(イチゴが好きなのはA等)

こう関連付けたならば、あなたが覚えるのは、どの順番でABCDEに会うかどうかだけにできるのです。

数字を覚えるわけじゃないのです。

Aがイチゴが好きならば、先程の数字ですと、 Aと会うのは3番目です。

また「15」は「イチゴ」でなくても良いです。「囲碁」でも良いのです。うまく使えるならば「14の次」とかでもいいのです。

15を「囲碁」にしたならば、囲碁と関連が深いのは誰なのか当てはめて、その人と会うのは3番目にすれば良いのです。

この場合、あなたが覚えるべきなのは5人に会う「順番」だけにできるのです。

友達に会う順番を覚えるだけなのです。

「2151152689を覚える」を、既に知っている人(無意識レベルの)に会う「順番」を覚えれば良い様にしたという事です。

更にその友達の頭文字だけで会う順番を覚えれば、「2151152689を覚える」=「5文字を覚える」にもできます。

その5文字から、無意識にでも元の数字を辿れるからです。
(例、「さ」が5番目⇒ 佐藤 ⇒ 話が白熱しやすい ⇒5番目は89 等)

下線部分は第3者には「なにこれ?」ですが、作成したあなたが無意識にでも分かるならば、スグに関連が見出せるならば、何の問題もない事です。

繰り返しになりますが、作る目的は「あなた」が覚えやすい様に変換する事だからです。

既に知っている事柄(5人の特徴等)に知らない事柄(覚えようとするもの)を乗っけるという感覚は、覚えにくいもの・覚えたいものを暗記するのに有効です。

今勉強している内容は? リクルートのネット学習
「スタディサプリ」を使う場合の対応講座
TOEICの勉強 スタディサプリTOEICベーシックの特徴や口コミ!
日常英会話の勉強 スタディサプリENGLISHの日常英会話コースの内容や評判
高校・大学受験の勉強 スタディサプリライブに録画機能はあるの?受け放題セットを選べばOK
中学校の勉強 スタディサプリ中学講座の特徴や口コミ!

スポンサーリンク