テスト勉強が終わらない時は範囲を狭くし次に活かせる反応を得る勉強に切り替える

いざテスト勉強しようと思っても、だらだらしてしまって勉強ができなかったり、パソコンやゲーム等をやってしまって、どんどんテスト期間を消費してしまうことがあると思います。


最終的にテスト範囲が終わらないぐらいの量が残ってしまって、徹夜で一夜漬けしようと頑張ってテスト本番に臨むことになってしまう経験もあると思います。


終わらないと感じてしまうぐらいの量が残ってしまったのは、しょうがないことなので、その教科は、やれる分を何回もやって、次のテストに活かせる“反応”を得るための勉強に切り替える様にすると、次のテストでは、テスト直前になっても勉強できなくて範囲が終わらないという事は少なくなってきます。


目次


  1. 今回のテストの目的は「良い点を取る事」ではなく「不安を潰す事」
  2. テスト範囲を自分で更に狭くする
  3. ちょっとだけの努力だったとしても、何か反応がなくては次はそれすらやれない
  4. やれば点数が取れると知っていたら、やらないのは難しい
  5. テスト勉強が終わらない時のまとめ

今回のテストの目的は「良い点を取る事」ではなく「不安を潰す事」


テスト勉強がやれずに、だらだら過ごしてしまうというのは、『やっても点数とれないんじゃないか?』とか、『何をやればいいのか分からない』って言うのが頭にある事が原因の一つにあります。


ですので、今回のテストはこの不安を潰し次のテスト勉強に活かします。


次に活かすというのは、この教科はこのページ数ならこのぐらいの勉強時間をあてればきちんと点数がとれるというのを、今回のテストで確認しておくという事です。


そうすると、次のテストの時にこのぐらい勉強すれば、テストの範囲が終わってきちんと点も取れそうだというのが分かりますので、実際にテスト勉強がしやすくなってきます。


何故かっていうと、具体的にこのぐらいの時間やれば点数がとれるというのが分かっているからです。


このぐらい時間をかければ点数がとれると分かっているのにやらないっていうのは、けっこう難しいです。


スポンサーリンク


テスト範囲を自分で更に狭くする


ですので、テストの範囲が終わらない状態にまでなってしまったら、自分がやる所をめちゃくちゃ絞って、残りの時間は少なからずやった所を完璧にする事に使います。


太字周辺だけやる(=細かい所はやらない)とか、すぐ理解できる所だけ覚える(=理解しづらい所は捨てる)とかにして、テスト範囲を自分で更に狭くします。


終わらない量を適当に頑張っても、そのどれもが点数とれなくて、次に繋がる結果が得られないからです。


ですので、範囲を狭くして「やった所は点数がとれた」となる様にします。


この際、時間を計測し、実際にどのくらいで何ページやれたかを記録しておきます。


そうすると次のテストでは、「実際に点数が取れる勉強に必要そうな総時間」が分かるので現実に沿ったテスト勉強の計画を逆算して立てられます。
テスト勉強の計画を立てるには要素(内容と時間)を記録しておく事が重要


ちょっとだけの努力だったとしても、何か反応がなくては次はそれすらやれない


終わらない量が残っているのに範囲を絞らずに全てをやろうとすると、そのどれもが頭に入っていない状態でテストを受けなければなりません。


頭に入っていなければテスト中に思い出せないという事なので、残りの時間をどれだけ頑張っても点数に結びつく所がほとんどありません。


そうすると、『時間がないなりに頑張ったのに点数がとれなかった』という結果になってしまい、次のテストで更にやれなくなってしまう原因を作ってしまいます。


誰だって、頑張ったならその対価(テストの点数)がもらえなくては、次に同じ事をやる気力が出るづらくなってしまいます。


例えちょっとだけの努力だったとしても、何か反応がなくては次がなくなってしまいやすいのです。


ですので、残り時間の勉強でも反応が出るように、自分で範囲を狭くします。


やる範囲が狭ければ、時間がなくても勉強の密度自体は上げられるので、しっかりと点数が取れる暗記ができます。


スポンサーリンク


やれば点数が取れると知っていたら、やらないのは難しい


前回体験した「やった所はとれたという事実」が次のテスト勉強の時に効いてきます。


やればできると分かっているのならば、「終わらない量が残ってしまうまで放置する」という事はかなり少なくなります。


やれば点数が取れると知っているのに、やらない、というのは結構難しいです。


『ホントは』テストで点がとれる様になりたいと思っている場合には。


もし、点数がとれていなかった場合にも、『この教科のこのページ数をこのぐらいの時間やって、ちゃんと覚えていると思っていたけど、これで点取れなかったんだから、今回はもう少し時間をかけて覚えてるか確認できるまで勉強しよう、もしくは違うやり方を模索しよう』とできるわけです。


既に、やった所は点数がとれていたという場合には、『100%程ではないけど、やればできる』と感じられていると思います。


テスト勉強が終わらない時のまとめ


今回のテストではっきりさせておきたいのは、『この教科のこの問題数はどのぐらいの時間をかければ、テストで点数が取れるレベルまで覚えられるのか?』という事です。


この記事のポイントをまとめると以下の様になります。


  • 終わらない量が残ってしまうのは「頑張ってできないのは嫌だな」があるため
  • どのくらいやれば点数が取れるのかを今回のテストで知る
  • 次のテストでどのくらいやれば点数が取れるか分かる様に記録しておく
  • 反応が得られる事が次に繋がる
  • 全部やろうとすると全部中途半端になるから、範囲を自分で狭くする
  • その狭い範囲を完璧にして、点数が取れる勉強がどんなもんかを確認するのが大事

終わらないぐらいの量が残ってしまった時のテストの目的は、『やった所はできる』という事が確認できる勉強に切り替えて、次のテストに繋げるという事が大事になります。


会員数25万人以上が利用するオンライン学習サービス
【スタディサプリ高校・大学受験講座】


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加